localshift_vol2_00

ローカルシフト vol.2「2地域居住と地方の仕事を考える」参加レポート(その1)

localshift_vol2_00

2014年5月10日土曜日の午後に秋葉原UDX 4F UDXオープンカレッジで開催された『ローカルシフト』〜地方移住・地方暮らしの今とリアルを考える〜 vol.2 に参加してきました。3ヶ月連続シリーズの第2回のようですが、KANAYA BASEの金子愛さんが参加されるという話を聞いたこともあり今回が初参加。またニキョティの取り扱う二拠点生活というテーマとガッチリ一致していたのでこれは参加せねばという感じでした。

localshift_vol2_01
UDXオープンカレッジは40名くらいが定員と思われる1室で行われ、二地域生活をしようとしている人が多数参加していました。

localshift_vol2_02
このイベントのコーディネーターである泉山塁威さん(お茶の水スキマ大学/ココロココ副編集長)からプログラム説明。第1部では、ゲスト3名によるプレゼン、ディスカッション、移住ワークショップなどが行われました。

ゲストプレゼン1:川人ゆかりさん(ローカルキャリアカフェ)

localshift_vol2_03
川人さんは地域と都会を結ぶことをお仕事としてされていて、ローカルキャリアカフェ・ローカルキャリア大学などを運営されているそうです。

localshift_vol2_04
丹波の地域活性に携わった時のお話で、ご自身が海外に旅にでていた経験を活かし世界一周などをして帰ってきた旅人を受け入れるシェアハウスや仕事の斡旋などを提供したところ徐々に評判が広まり海外にも知られるようになったとか。

分かりやすい観光資源のPR一本槍だったり、ゆるキャラのような飛び道具に頼ったりしてしまう多くの自治体の地域活性施策とは一線を画するものですよね。

また、シェアハウスを運営して感じたのがテストリビング(短期間の移住体験)することで地域特有のルール(いわゆる地雷というやつですね)を知ることができ、それが実際に本格移住する際の判断になると。これは、ニキョティでもやってみたいプログラムです。

ローカルキャリアカフェ

ゲストプレゼン2:金子愛さん(金谷BASE)

localshift_vol2_05
千葉県富津市金谷にあるKANAYA BASEの共同代表・広報の金子愛さんから、KANAYA BASEの二拠点生活事情のプレゼンでした。

localshift_vol2_06
KANAYA BASEといえばニキョティでもニキョTVの収録などでお世話になっている場所で、地域活性にガッツリ取り組みながら都会の若者との交流の場になっている房総でも注目のコミュニティスペースです。

金谷の自然の素晴らしさや、意外と東京からのアクセスがよいことなど二地域居住に適した場所だという説明がありました。確かに、東京湾アクアラインができてから圧倒的に移動時間が節約できるようになりましたし高速バスなど公共の移動手段も充実しました。そして、金谷といえば久里浜と結ぶフェリーがあるので、移動自体も楽しみになったりするかもしれません。

金子さん自身が金谷ではシェアハウスで生活しているようですが、光熱費込みで3万円と破格の値段だそうです。意外と週3くらいで東京にもいるそうですが、そこは妹さんのお家に泊まってコストを節約できているのだとか。

金谷ベース

古民家ゲストハウス しへえどん

ゲストプレゼン3:馬場未織さん(NPO法人南房総リパブリック)

localshift_vol2_07
最後に登場したのが、イベント直前に参加が決まったNPO法人南房総リパブリックの馬場未織さん。2014年2月に出版されたばかりの「週末は田舎暮らし」の著者で東京と南房総での二拠点生活実践者です。

建築関連のライターをしているという馬場さんですが、ご家族の自然好きが高じて南房総への『週末だけ』移住を決心したとのこと。まったくの未経験ながら広大な農地を有する土地を取得され、地元の方の助けを借りながら田舎暮らしのノウハウを覚え、やがて都会の人に田舎に来てもらい田舎の生活を大変してもらう里山学校や、逆に南房総から直送した野菜を使ったカフェを目黒区に作ったりとか、かなりアクティブに活動されております。

localshift_vol2_08
イベントのテーマに「仕事」がありましたので、馬場さんからも都会での仕事と田舎での生活で当初は「ONとOFF」を切り替えていたというお話がありました。ただ、田舎に愛着が湧いてくるとNPOでの活動のように、地域に貢献したいという気持ちが湧き上がり結果的に「ONとON」のような状態に変わったといいます。それでは休まる時間がないのでは?と思いましたが、まったく異なる事に真剣に取り組むことによって、「ON」であっても気分転換はできるているのだということです。すばらしいバイタリティーですね!

localshift_vol2_09
この写真は何年かぶりに開催されたという馬場さんのお住まいの地域のお祭りのようすだそうです。地域は少子高齢化でお神輿の担ぎ手もおらず、お祭り自体ができないという話もよく聞きます。馬場さんのように外から移住してくる人も交えて、伝統的に続いている地域の文化を伝えていくことはとても素晴らしいことだなと思いました。

南房総リパブリック

§

長くなりそうなので、続きは別の記事にて掲載予定です!

週末は田舎暮らし—ゼロからはじめた「二地域居住」奮闘記
週末は田舎暮らし---ゼロからはじめた「二地域居住」奮闘記

【全3回】
ローカルシフト vol.2「2地域居住と地方の仕事を考える」参加レポート(その1)
ローカルシフト vol.2「2地域居住と地方の仕事を考える」参加レポート(その2)
ローカルシフト vol.2「2地域居住と地方の仕事を考える」参加レポート(その3)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>