localshift_vol2_14_2

ローカルシフト vol.2「2地域居住と地方の仕事を考える」参加レポート(その3)

2014年5月10日土曜日の午後に秋葉原UDX 4F UDXオープンカレッジで開催された『ローカルシフト』〜地方移住・地方暮らしの今とリアルを考える〜 vol.2 に参加してきました。ゲストスピーカーによるプレゼン・ディスカッション・移住ワークショップの様子はレポートの1・2で公開済みですのでよろしければご覧ください。

ローカルシフト vol.2「2地域居住と地方の仕事を考える」参加レポート(その1)
ローカルシフト vol.2「2地域居住と地方の仕事を考える」参加レポート(その2)

localshift_vol2_14_2

イベントレポートの最後は、第2部として開催された「green drinks お茶の水【LOCAL】」での懇親会の様子とイベントを通した雑感などをまとめたいと思います。

green drinks お茶の水【LOCAL】

第二部はゲストと参加者の交流の場となる green drinks となりました。ケータリングは自然/有機栽培にこだわった目黒のMOMOEさん。さらにはゲストの金子愛さんのホームグラウンド千葉県は金谷の鯵を交えたお料理とあって間違いなく美味しいお味でした!(すみません、おしゃべりに夢中で写真がありません…笑)

ワークショップでも同じグループの方とお話しましたが、参加者の方は自分自身が移住したいというだけでなく、移住者を迎え入れたいとか、移住先で滞在できるシェアスペースを作りたいなど、自らがハブになって都会と地方をつなごうと考えている・またはすでに実践されている方ばかりというイメージでした。中には大学生で地域活性に関するレポートを書くために参加されている方などもいましたが、いつかは2地域居住をしてみたいと話していました。

2地域居住と仕事

本イベントのテーマである仕事との関係ですが、仕事としての拠点を東京に置く場合とりあえず今まで通り仕事はあり、週末の移動と住居をどうするか?という部分が課題になるように思います。馬場さんのように思い切って広大な農地を含む古民家を購入するという手もあるかもしれませんが、やはりそれは覚悟のいるものでなかなか簡単にできるものではありません。

そういう意味で川人さんが「テストリビング」と表現していたようにシェアハウスなどでコストを掛けずに地方の生活に馴染む方法が一番現実的な方法なのかなと思います(金子さんの場合もシェアハウスですね→その2参照)。

で、地方で仕事をすると考えるとなかなか難しいのだと思います。ディスカッションでも明確な回答はでなかったのですが、若者が少ない地方では若者であるだけでできる仕事はいくらでもあると思います(選ばなければ…ですが)。とはいえ、やはり自分の得意なことで地域に貢献できればもっとやりがいがあるはず・・・仕事は自分で創るというのが理想の働き方かもしれません。

ただ、やはり地方で起業する場合、地元の方に面識がないと場所が借りれなかったり・取引の話を聞いてもらえなかったり難しい面が多いです。やはりいきなり飛び込むのではなく時間をかけて地元になじむ必要があり、「ジワジワ」と移住を進めるためにもうまく2拠点生活を続けるというのが必要なんじゃないかと思います。

§

このイベントでもっとも感じ入ったのが、我々ニキョティと同じような志で行動している人が思った以上にたくさんいたこと!シェアハウスなど実際に形にされている人も多くいて大変参考になる話ばかりでした。

現在ニキョティはネット中継番組(ニキョTV、ニキョトーーク)による啓蒙活動を中心に色々議論はしていますが、実際に行動している人・行動を迷っている人の助けになれるよう動いて行きたいなと思います。

何人かには番組出演依頼もそれとなーくお願いしてみました(笑)
ゆるい番組ですので、是非気軽におしゃべりしにきていただければと思います!

週末は田舎暮らし—ゼロからはじめた「二地域居住」奮闘記
週末は田舎暮らし---ゼロからはじめた「二地域居住」奮闘記

【全3回】
ローカルシフト vol.2「2地域居住と地方の仕事を考える」参加レポート(その1)
ローカルシフト vol.2「2地域居住と地方の仕事を考える」参加レポート(その2)
ローカルシフト vol.2「2地域居住と地方の仕事を考える」参加レポート(その3)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>